しみやくすみ、しわ、たるみなど、肌の乾燥が原因で起きる症状は、年をとるとますます目につくようになります。保湿力が低下し、肌の水分量が失われると、いままであった肌のハリがなくなって、重力に引かれて下がりやすくなります。お肌にしわができるのは、水分が減少し、かさが減ってしまったために、皮膚を押し上げることができなくなったためです。年齢と共に肌は老化して、乾燥が進む事によって皮膚はたるみ、二重あごになってしまう事もあります。くっきりと二重あごになってしまったら、たるみをなくすことは困難ですので、そうなる前に対策をとることです。何とかして二重あごを予防、もしくは解消して、すっきりとした顔のラインになりたいという人は大勢います。肌のハリを保つために、保湿を意識したスキンケアをすることが、老化対策には有効です。保湿成分を配合してあるクリームや、化粧水をスキンケアの際に用いることで、肌の保湿を目指すといいでしょう。化粧水や、クリームを用いてのスキンケアは皮膚の表層に終始するものですので、皮膚の奥に対しては別のケアが必要です。これには温かい飲みものを飲んで、体内の水分量を安定化させる事が必要とされています。白湯を摂取することで、細胞一つ一つに水分が行き届き、皮膚の細胞にも水分が送り届けられて、乾燥を防いでくれます。スキンケアで皮膚の外側から水を与え、水分を補給して体の内側からも水を与えることが、二重あご解消効果につながります。